alimama☆Yukina

記事一覧(14)

2018/3/25 WS 地球暦ってなに?✨in 新宿開催

太陽系の一員としての地球。太陽中心の天体配置の中で、地球の今を捉えてみると新しい価値観が生まれてきます。 地球暦は、太陽系の惑星たちを1兆分の1の縮尺で表した円形の暦。 太陽の周りをめぐる地球の1年を眺めながら「今、私たちがどこにいるのか」を確かめ、国境を超えた地球共通の新しい世界観の基に、毎日を生かしていくことができます。 2018年度版の地球暦は、3月21日の春分から。 四季八節、二十四節気や七十二候など季節の変わり目に合わせ、地球がどこに居るのかを知るだけでも、日常を俯瞰して感じ取るの役立つ曼荼羅になります。 alimamaは、時々占星術的に使います。 太陽中心で惑星たちの関係性を覗いてみると、月の働きが違った感覚で見えてきて、いかに私たちの日常と密着したものであるかが見てとれたり。地球の上から眺める空と太陽系全体を眺めながらの違いは、自分のことを中心にしている世界観と宇宙の中の自分を見下ろす世界観。視点の違いから知る「今」は、私たちの視野を広げてくれます。 私なりの地球暦のお話し会 星の気持ちWS「地球暦って何?」を3月25日(日)に開きます。3月4日の地球暦オフィシャル・リリース東京にも参加してきますので、とれとれの情報もお届けする予定です。まだ地球暦を手にしたことのない方も、手に入れたけどよくわからないという方も大歓迎です。どう使えばいいの?そこから何が見えるの?地球が太陽や他の惑星たちと奏でる1年の中で、自分を生き生きと輝かせるために、「地球暦」を一緒に眺めて、輝く未来を想像してみませんか✨星の気持ちWS「地球暦って何?」【日時】3月25日(日)14時から16時 【参加費】3500円  【場所】新宿 花園神社そば(JR新宿7分 新宿三丁目1分)参加の方に詳細をお知らせします。【申込方法】申し込みフォームもしくは、FB星の気持ちby alimama(@hosinosinden)にメッセージをお送りください。 【備考】筆記用具、ご自分の飲み物はご持参ください。 地球暦はお持ちいただかなくても大丈夫です。当日、地球暦の販売もいたしますので、ご入用でしたらお申し出ください。                  ◉太陽系時空間地図 地球暦 2018 日本語版 ¥ 3,240【ファシリテータープロフィール】alimama☆Yukina(田中志奉) アストロロジャー・ヒーリングセラピスト魂の輝きに奉仕するライトワーカーとして、変容と輝きの鍵を見つけ出し、真の幸せに繋がる扉を開きます。ヘリオコンパス「地球暦」の初期制作協力などにも関わり、洋の東西、手法を問わず織り交ぜたリーディングの総合的なカウンセリングを行うと共に、宇宙意識へと繋がり、思いの在り方思念が生み出す波動を大切にしながら、皆様の人生のサポーターとして、ヒーリングやWS・講座を開催しています。幼い頃から気学に親しみ独学で習得。鑑定歴は30年以上。東洋西洋の別なく星を読み取ることに喜びを見いだし、2000年を機にフォーチュンカウンセラーとしてのセッションを開始。お申し込みお問い合わせフォーム↓  ご記入の上、送信してください。https://goo.gl/forms/KFmRmU8KzOxmCBZq1

2/12(月)高円寺で個人鑑定します。

いつも喫茶店などで鑑定させていただいていますが、今年からは静かな場所をお借りして鑑定する日を設けることにしました。自分の天命や才能をより深く知りたい今年の運気や開運のポイントは何か去年の出来事にはどんな意味があったのか相性や対人関係の改善就職や進学など進路についてなどなど人生をより心豊かに輝かせて行くために、ご活用ください。今回は、高円寺駅北口から5分ほどのお部屋です。初めてお借りするお部屋ですが、気に入れば定期的にと考えています。日時 2018年2月12日(月・振休)   14:00〜18:00 (ご予約の時点で開いている時間帯になります)場所 JR高円寺北口5分(詳細はお申し込み後にお知らせします)鑑定料 10,000円/約1時間今まで通りの出張鑑定も継続しておりますのでよろしくお願いします。お申し込みお問い合わせはお手数ですが下記メールアドレス宛に★を@に変えてお送りください。Facebookからも受け付けています。お返事はできるだけ早く送らせていただきますが、チェックができない日もございますので、数日ご猶予いただけますようどうぞよろしくお願いいたします。メール:info-yukina★urhawithstar.com  (お手数ですが★を@に変えてお送りください)Facebook:星の気持ち https://www.facebook.com/hosinosinden/

12/9(土) 自己理解を深めてコミュニケーションに役立てるWS in 西荻

古代舞靈研究所・特別ワークショップ『コミュニケーション講座(座学)』  —本当の人間関係と自己理解のために—祈りの舞い、祝祭の舞を舞う古代舞靈研究所・阿利さんとのコラボレーションでお届けする講座です。想いが作り出すエネルギーや波動を感じ、位置関係、関わり方のアスペクトによる違いなどを実感することで、自分への理解も深まります。ただ話を聞き知識に加えるだけではなく、参加者全員が体感し、実生活に役立てて行けるような気づきのための講座です。本来の魂としてのコミュニケーションについて考えてみましょう。【内容】●阿利さんによるリラクゼーションと感覚のベースづくりの瞑想●alimama☆Yukinaによる基調講演  ※チャクラ関係の軽い体操は行いますがダンスワークではありません。−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−2017年12月9日(土)14:00〜16:30参加費 5000円 三つ枝商店~森の仕事と販売所~ 「ゆっくりどう」 杉並区西荻南4−3−5お申し込みお問い合わせは、下記にメールをお送りください。お申し込み専用フォーム https://docs.google.com/forms/d/12tcV-L2_zC-qe3b_jUtWhleWA55e7fUNQLa8So0sRdQメール:info-yukina@urhawithstar.com古代舞靈研究所 阿利さんのHP https://www.maidama.com三つ枝商店さんのHP https://mitsuestore.theshop.jp

星の気持ちWS : 10/28 in渋谷 木星と自分✨

木星と自分をテーマにワークショップを開催します。 幸運の星と呼ばれる木星ですが、今何座にあるかは知っていても、生まれた時の木星がどこにあるかを知っている人は案外少ないですよね。 木星は、「太陽になりそびれた」と言われるくらい大きくて、その存在がなければ地球も今のような環境を育めなかったかもしれないほど、現実的にも大きな影響力を持っています。 一つの星座を約一年かけて通過しながら、発展や拡張の手助けをしてくれる幸運の星として、西洋でも東洋でも大事にされてきた惑星です。 太陽の周りを12年かけて一周するので、自分が生まれた時に木星がどの位置を巡っていたかを知ることで、幸運のチャンスを生かすタイミングが見えてきます。 今、蠍座に入った木星が、自分とどのように関わってくるのかを知りたくはありませんか? 太陽も10月24日蠍座に入り、27日には木星と合。木星が太陽と共に、今の世の中と自分達にどんなメッセージを届けてくれるのかも知りたい!そんなわけで、10月28日(15時〜17時)に「木星と自分」をテーマにワークショップを開催します。 主な内容は木星ってどんな星生まれた時の木星はどここれからの蠍座の木星について木星を体感してみるワーク  *内容は参加者に合わせて多少変更されることがあります。  占星術が全くわからない方でもお気軽にご参加ください。 鑑定セッションは17時半過ぎ~ご希望があれば承ります。 新しいスキルのモニターも同時募集中鑑定セッションを受ける方には、ご希望いただければ、ヒーリングやヴィジョンリーディングをさせて頂きます。もちろんモニターだけでも大歓迎!ご協力をお願いいたします。 お申し込みお問い合わせは、下記にメールをお送りください。追って会場の詳細な場所などご連絡さし上げます。 メール:info-yukina@urhawithstar.com ------------------------------------------------------------【星の気持ちWS 木星と自分✨】★日時 10月28日 15:00~17:00★参加費:3,000円★ご予約先:メール:info-yukina@urhawithstar.com★会場:スクエア会議室 東京都渋谷区神南1-11-5 宮益坂タワーレコードそば(会場詳細は、お申し込み確認時にお送りします。)------------------------------------------------------------ こちらも同時に募集中。日程の合わない方もお気軽にご相談ください。 【鑑定セッション】 占星術や気学を織り交ぜた総合鑑定  約1時間  鑑定料 10,000円 【新スキルセッション・モニター】    まだ勉強中なので料金は無料、お志し感謝♪オーガムルーンビジョンリーディングオーガムヒーリングレイキヒーリング

いつのまにか占い師?に

alimamaの鑑定スキルについて 10代後半から独学で気学を学び始めました。そのころはただの占い好き。 気学を選んだのは、ただ身近にあったからです。祖父のことはただ気学師だったということしか知らず(かなりもったいなかった〜(^^;)毎月の自分の運勢や好きな人との相性を占うに留まっていましたが、いつの間にか周囲の人たちの鑑定をするようになり、いろいろ経て鑑定師を志すことになりました。今思えば、生まれるべくして、この家に生まれ、成るべくして成ったんだと納得しています。 皆さんの人生に、大きな影響を与えることもある鑑定師(占い)を仕事にする事には、大きな責任が伴います。「中途半端に人様の人生を左右するきっかけになってはいけない」と、なかなか自信が持てずに躊躇していましたが、運命とは不思議なものです。 全く別の仕事をしていた20代の頃、ある会社の月刊誌の企画編集で毎月原稿をいただきに行ったのが、ルネ・ヴァン・ダール先生の事務所です。ルネ先生は、当時の日本ではまだ数少ない著名な占星術師のお一人。青山のすてきなオフィスに小柄な先生がしゃれた姿でお立ちになり、恐縮しながらお訪ねしたのを、今でもよく覚えています。「占星術なんてすごいな!」と憧れてはみたものの、自分には全く関係ない別世界だと思っていました。 その後別の会社では、細木数子先生の弟さんとお仕事があって、先生のお話をよく耳ににしていましたっけ。望めばお目にかかることも可能でしたが、お会いしたことはありません。 次は、算命学の和泉宗章先生。なんと算命学はやめて、世間から引退されていた時に仕事でご一緒させていただきました。「天中殺」で有名になった方ですが、「当たる」ともて囃され、マスコミでも引っ張りだこだったのに、「長嶋監督が1980年2月までに辞任する」と占い、外れたことから辛い思いをされて、占い師を廃業されました。ご一緒した時は、占いの話はあまりしたくなかったようですが、ちょっとだけ気になることを質問して教えていただいたり、引退当時のお話も聞かせてくださり、優しい笑顔が少し寂しげだったのを思い出します。占い否定論者に転じたとも聞き及びますが、当時の和泉先生は占いを否定していたのではなく、業界の在り方や鑑定師の資質を嘆いていたように思います。まだまだ私は趣味の世界で楽しんでいるだけでしたが、そのころ、祖父のことを知るある霊能者の方にお会いし、鑑定を生業にしようかと相談したところ、「占い師は人の恨みを買う商売なのを知っているか?」「人様の人生を左右する責任を持つ覚悟があるのか?」「あなたのおじいさんが短命だったのもそのせいだ」と言われ、恐れをなし「仕事としての鑑定は絶対にやらない!」と決め、怖い世界に足を踏み入れたく無いと思っていました。